上海ディズニーランド・パーク
– Shanghai Disneyland Park –

上海ディズニーのタウン・スクエア「ミッキー・アベニュー」

すべてのプリンセスが一堂に会する、世界で最も大きなお城です

テーマランドは全部で7つ。ミッキー・アベニュー(Mickey Avenue)をはじめ、上海ディズニー独自のエリアが存在しています。

 

ミッキー・アベニュー(米奇大街)

他の海外ディズニーにおける「メイン・ストリートUSA」に相当するエリアです。ディズニーのキャラクターにまつわるスポットやショップが点在し、「トゥーン・タウン」の要素も兼ねています。グリーティングやショッピングを楽しむことのできる楽しいタウン・スクエアです。

 

ガーデン・オブ・イマジネーション(奇想花園)

パークの中心にあるテーマランドです。上海ディズニーにしかない独自のエリアのひとつで、「空飛ぶダンボ(Dumbo the Flying Elephant)」や「ファンタジア・カルーセル(Fantasia Carousel)」といった子供に人気のあるアトラクションの他、中国の十二支をモチーフとした「ガーデン・オブ・ザ・トゥエルブ・フレンズ(Garden of the Twelve Friends)」やマーベル・ヒーローが集結する「マーベル・ユニバース(Marvel Universe)」といったパビリオン型の施設もあります。

 

アドベンチャー・アイル(探険島)

アドベンチャーランドに相当するエリアです。山頂より滝の流れる「ロアリング・マウンテン」をランドマークとしています。「ソアリン(Soaring Over the Horizon)」や「ロアリング・ラピッド(Roaring Rapids)」など人気アトラクションが集中しているエリアです。

 

トレジャー・コーブ(宝蔵湾)

海賊(パイレーツ)をモチーフとした、世界初のテーマランドです。「カリブの海賊(Pirates of the Caribbean Battle for the Sunken Treasure)」をはじめ、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界を彷彿させるアトラクションやスポット、エンタテインメントで構成されています。

 

ファンタジーランド(夢幻世界)

上海ディズニーで最も広いテーマランドです。パークのシンボル「エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスル(Enchanted Storybook Castle)」もあります。映画やキャラクターをモチーフとしたアトラクションが多数あり、映画『アリス・イン・ワンダーランド』や上海でも人気な「プーさん」をテーマとしたエリアも設けられています。

 

トゥモローランド(明日世界)

未来の世界をテーマにしたエリアです。他のディズニーパークと異なる点は「スペース・マウンテン」がないということです。代わりに、映画『トロン』をテーマにした屋内型のローラーコースター「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン(TRON Lightcycle Power Run)」があります。日が暮れた後はライトアップされ、幻想的な空間に包まれます。

 

トイ・ストーリー・ランド(玩具総動園)

2018年に誕生したばかりの新テーマランドです。おなじみの「スリンキー・ドッグ・スピン(Slinky Dog Spin)」をはじめ「ウッディのラウンドアップ(Woody’s Roundup)」など、上海ディズニーにしかないユニークなアトラクションも加わった、大人も子供も楽しめるエリアです。

USA感があまり感じられないのは中国への忖度!?

古き良きアメリカの街並みを再現した「メイン・ストリートUSA」は上海ディズニーには存在せず、代わりに「ミッキー・アベニュー(Mickey Avenue)」というタウン・スクエアに一変しています。また、アメリカの西部開拓時代をテーマにした「フロンティアランド(a.k.a. ウェスタンランド)」は完全に省略され、ディズニーランドではお馴染みのアトラクション「イッツ・ア・スモール・ワールド(It's a Small World)」や「ジャングル・クルーズ(Jungle Cruise)」、「スペース・マウンテン(Space Mountain)」なども導入されていません。その理由としては、米中間の文化的軋轢や批判を避けるためにウォルト・ディズニー側が施した措置であると言われています。

この場所に訪れたすべての人々が幸せになれるように、というウォルトの想いを守るために、こういった計らいは必要不可欠であったのでしょう。

余談ですが、日本に「メイン・ストリートUSA」が作られなかった理由は文化上の問題ではなく、単純に「日本は雨が多いため、アーケード式のワールド・バザールを採用した」とのことです。

アトラクション

上海ディズニーランド・パーク内には30以上のアトラクションが存在しています。トレジャー・コーブをはじめ、独自のテーマランドが新設されていることから、他のディズニーにはないユニークなアトラクションが目白押しです。

 

上海にしかないアトラクション

トロン・ライトサイクル・パワー・ラン

ディズニーのローラーコースター史上、最速のアトラクションです

上海ディズニーにしかないアトラクションと言えば「トロン・ライトサイクル・パワー・ラン(TRON Lightcycle Power Run)」でしょう。上述した事情により採用されなかった「スペース・マウンテン」の代わりに導入された屋内型のローラーコースターです。ライドはバイク型になっているので通常のコースターとは異なり、前傾スタイルで乗り込み、そのままの姿勢で疾走するという、エキサイティングなアトラクションです。

 

クリスタル・グロットへの航海

カナルボートでディズニー映画のワンシーンをめぐります

「クリスタル・グロットへの航海(Voyage to the Crystal Grotto)」は、ボート型ライドに乗り『美女と野獣』や『ファンタジア』、『リトル・マーメイド』といった、ディズニー映画のワンシーンを再現したオブジェを観賞するという、ボヤージュ型のアトラクションです。

 

ウッディのラウンドアップ

意外と大人も楽しめます

2018年に誕生した「トイ・ストーリー・ランド」に導入されたアトラクションです。馬車型のライドに乗り込むと、可愛らしいポニーが軽快に飛び跳ね、ラウンドしながら広場を駆け回ります。子供だけでなく、大人も思わず笑顔がこぼれてしまう愉快痛快なアトラクションです。

 

絶対乗りたい!おすすめアトラクション

カリブの海賊

海賊たちが暴れまわる世界へ突入!

上海版の「カリブの海賊(Pirates of the Caribbean Battle for the Sunken Treasure)」は他のディズニーにあるバージョンと全く異なるアトラクションと言っても過言ではありません。最新テクノロジーを駆使した演出とエフェクトにより『パイレーツ・オブ・カリビアン』の映画さながらの臨場感を味わうことができます。

 

ソアリン

最も早くファストパスがなくなる超人気アトラクションです

2019年に東京ディズニーシーにもできるアトラクションです。ハングライダー型のライドに乗って、世界の名所を旅します。アナハイムやオーランドにも導入済ですが、上海版はとりわけ映像が美しく、よりリアルな浮遊体験を味わうことができます。上海ディズニーで最も混雑するアトラクションのひとつです。

 

ロアリング・ラピッド

ずぶ濡れ覚悟で乗りましょう(笑)

アドベンチャー・アイルにそびえるロアリング・マウンテンの激流下りを、ラフティング・ボートに乗り込んで体験できるスリリングなアトラクションです。爽快感もあるので、暑い季節には最適です!

エンタテインメント

パレードやショーについて

ナイト・エンタテインメント「イグナイト・ザ・ドリーム」は必見!

上海ディズニーでは「ミッキーのストーリーブック・エクスプレス(Mickey’s Storybook Express)」というデイパレードが開催されています。その他「ターザン(Tarzan: Call of the Jungle) 」や「アナ雪(Frozen: A Sing-Along Celebration)」といった劇場タイプの施設で観賞する本格的なステージ・ショーも楽しめます。閉園間際にはナイト・エンタテインメント 「イグナイト・ザ・ドリーム(Ignite the Dream)」を開催。プロジェクション・マッピングと花火が見事に融合した幻想的なショーはぜひ、目の前で観賞したいものです。

 

グリーティング

おなじみのフレンドたちとグリーティングが楽しめます

上海ディズニーは「ミート・ミッキー(Meet Mickey)」や「ミート・プリンセス(Meet Princesses)」をはじめ、グリーティング・スポットで満載です。

ディズニー・キャラクターが集う「ミッキー・アべニュー」ではドナルドやグーフィー、プルートといったおなじみのフレンズたちと。「アドベンチャー・アイル」では『ライオン・キング』や『ジャングル・ブック』のキャラクターたちと。「ガーデン・オブ・イマジネーション」ではマーベル・ヒーローの面々と。パークの至る所でグリーティングが楽しめます。

 

その他のエンタメ

明日世界にはDJステージがあります

トゥモローランドでは「ベイマックス」とエクササイズするという、一風変わったゲスト参加型のショーが披露されています。彼らと一緒に有酸素運動をすることで健康促進・肉体維持が期待できます(笑)

また、パークの中央付近ではチップとデールがドナルドと共に太極拳を披露(不定期)しています。中国らしいパフォーマンスに上海ディズニーのオリジナリティを感じます。

チップとデールがかわいらしく太極拳を披露します

ショッピング&食事など

ショップについて

定番みやげのお菓子はコンフェクショナリーでゲット!

「アベニュー・M・アーケード(Avenue M Arcade)」や「コンフェクショナリー(Sweethearts Confectionery)」といった総合的なギフト、お菓子の専門店は「ミッキー・アベニュー」に集中しています。

またファンタジーランドにある「ミッキー&ミニーのお店(Mickey & Minnie's Mercantile)」やトゥモローランドの「インターギャラクティック・インポート(Intergalactic Imports)」はアイテム数も豊富で穴場なストアです。上海ディズニーらしさをお求めの場合は、トレジャー・コーブの「ダブルーン・マーケット(Doubloon Market)」でパイレーツ・グッズを探してみるのも良いかもしれませんね。

 

ダイニングについて

ロイヤル・バンケット・ホールのメイン・ディッシュ

パークのシンボル「エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスル」内にあるレストラン「ロイヤル・バンケット・ホール(Royal Banquet Hall)」では、本格的なコース料理とグリーティングを楽しむことができます。予約は直営ホテル(ディズニーランド・ホテル&トイ・ストーリー・ホテル)のコンシェルジュデスクにて可能。

テーブルごとにキャラクターとグリーティングできます

その他『ラプンツェル』に登場する居酒屋をモチーフとしたレストラン「タングルド・ツリー・タバーン(Tangled Tree Tavern)」や『パイレーツ・オブ・カリビアン』に出てくる怪物「クラーケン」をイメージした料理を提供している「バルボッサ・バウンティ(Barbossa’s Bounty)」など、ストーリーの世界観を楽しめるユニークなダイニングが多数あります。本格的な中国料理を味わいたい方はガーデン・オブ・イマジネーションにある「ワンダリング・ムーン(Wandering Moon Restaurant)」もおススメ。

上海ディズニーランド・パークのアトラクションやエンタテインメント、ショップやレストランなどを中心に、お役立ち情報や独自の体験レポートを画像と共に記事にまとめてみました。記事は随時、執筆しておりますのでご覧頂けると幸いです。