ディズニーランド・パリについて

いつも賑やかで楽しいメイン・ストリートUSA

ミッキーマウスと手をつなぐウォルト・ディズニーのブロンズ像

オープン当初は「ユーロ・ディズニーランド(Euro Disneyland)」と呼ばれていました。現在はディズニーランド・パーク(Disneyland Park)、ウォルト・ディズニー・スタジオ(Walt Disney Studios Park)という二つのテーマパークを中心に、商業&エンタテインメント施設のディズニー・ヴィレッジ(Disney Village)、宿泊施設のディズニーランド・ホテル(Disneyland Hotel)などを含めたリゾート全体のことを「ディズニーランド・パリ」と呼称しています。

トイ・ストーリーをテーマにしたアトラクションも多数

アクセスについて

TGVはアクセスに最適

ディズニーランド・パリまでのアクセスは、パリ市内からも空港からも比較的分かりやすく移動することができます。パリ市内からはRER(フランスの公共鉄道)のA4線に乗ることで約1時間ほどで到着。シャルル・ド・ゴール空港(Aéroport de Paris-Charles-de-Gaulle)からはTGV(SNCF(フランス国鉄)が運行する高速鉄道)を利用すると約15分ほどで到着します。

開園時間

オープンは何時から?

ニューイヤーイベントなど例外はありますが、ディズニーランド・パーク、ウォルト・ディズニー・スタジオ共に10:00~オープンのことが多いようです。

クローズ時間は?

季節やイベントによって変わります。

ディズニーランド・パークは19:00~23:00、ウォルト・ディズニー・スタジオは18:00~21:30の間にクローズするようです。2パークの内、ウォルト・ディズニー・スタジオの方が1~2hほどクローズする時間が早いです(例外日はありますが…)。

 

<開園時間の目安(平日)>

ディズニーランド・パーク
  • 春 秋:10:00~20:00(3、4月/9、10月)
  • 夏 季:10:00~23:00(5~8月)
  • 冬 季:10:00~19:00(11~2月)
ウォルト・ディズニー・スタジオ
  • 春秋冬:10:00~18:00
  • 夏 季:10:00~20:00(7~8月)

※土日祝は両パークとも平日の閉園時間+1~3時間程度、延びることが多いようです。

マジック・モーニングは実施しているのか?

マジック・モーニング(早朝入園特典)は実施しています。パリでは「エクストラ・マジック・タイム(Extra Magic Time)」と言います。2017年10月より、両パークで原則毎日実施されるようになりました。時間は1時間となっていますが、開園時間の1時間半前から始まっているので、実質1.5時間楽しむことができます。

パーク・チケットについて

チケットは、1Day、マルチDay、日付指定の三種類ありますが、5日以上、訪問する予定があれば年間パスポートを取得した方がお得です。詳しくはこちらの記事をご参照ください。

規模感・雰囲気など

パークはどれくらい広いの?TDLより広い?狭い?

2パーク周るため日程は2days確保したいところ

ふたつのパークの内、ディズニーランド・パークの面積は約57万㎡。東京ディズニーランドが約51万㎡ですので、TDLより1エリア分ほど広い規模感です。もう一つのパーク、ウォルト・ディズニー・スタジオの面積は約29万㎡。こちらはTDLの約60%くらいの広さです。あわせて90万㎡に届かないので、TDL&TDSの全体(約100万㎡)よりは狭いことになります。

日本人ゲストはかなり少なめですが…

欧州唯一のディズニーパークということもあり、ヨーロッパ中から多くの観光客が訪れます。聞こえてくる言語を基準に考えると、イタリアやスペインからのゲストも多いようです。スタンバイ列の前後で同じ国同士の方だったりすると、すぐ” お友達 ”になっているようでした。

ちなみにアジアの方はほとんど見かけません。若干、アウェイ感が漂いますが、日本人を見かけると「こんにちは」とキャストさんが声を掛けてくれます。そういう心遣いがとても嬉しかったりします。パリ市内でも同じこと感じましたが、フランス人はきちんと日本人を見分けることが出来るようです。好意的に接してくれるので、心象は良かったです。

混雑状況について

TDLと比べ、捌き方がゆるいです

年間の入場者数が約1,300万人ですので、年間3,000万人をキープし続けている東京ディズニーリゾートと比べると圧倒的に入場者数が少ないことが分かります。しかしながら、パーク内はどこもガラガラ~という訳ではなく、さすがに人気アトラクションは90分~120分の待ちになります。フランス人のキャストさんはゲストのさばき方がのんびりしているので、そういった点も待ち時間の延びの一因となっている可能性も(日本のキャストさんのさばき方が驚異的と言った方が正しいかもしれません。TDRキャストの皆様にはいつも頭が下がります)。

ファストパスについて

FPを活用して効率的に回ろう

ファストパスに対応しているアトラクション

ディズニーランド・パーク
  • インディー・ジョーンズ(Indiana Jones and the Temple of Peril)
  • ビッグサンダ・ーマウンテン(Big Thunder Mountain)
  • ピーターパン空の旅(Peter Pan's Flight)
  • ハイパースペース・マウンテン(Star Wars: Hyperspace Mountain)
  • スター・ツアーズ(Star Tours)
  • バズ・ライトイヤー(Buzz Lightyear Laser Blast)
ウォルト・ディズニー・スタジオ
  • ロックン・ローラー・コースター(Rock'n'Roller Coaster starring Aerosmith)
  • ラタトゥイユ(Ratatouille: The Adventure)
  • トワイライト・ゾーン(The Twilight Zone Tower of Terror)

取得方法

こちらの記事にまとめてありますのでご参照ください。

ディズニーホテル・ファストパス

通常のファストパスの他にもディズニーホテル宿泊者特典のファストパスがあります。使い方や内容はこちらの記事からどうぞ。

シングルライダーについて

シングルライダー対応のアトラクション

ディズニーランド・パーク
  • ハイパースペース・マウンテン(Star Wars: Hyperspace Mountain)
ウォルト・ディズニー・スタジオ
  • RCレーサー(RC Racer)
  • トイ・ソルジャーズ・パラシュート・ドロップ(Toy Soldiers Parachute Drop)
  • クラッシュ・コースター(Crush’s Coaster)
  • ラタトゥイユ(Ratatouille : The Adventure)

 

回転率の悪いRCレーサーやトイ・ソルジャ~にも対応しているのが嬉しいですね。ラタトゥイユやトイ・ソルジャ~に関しては3人乗りなので、空きができやすい分、比較的短時間でライドオンできると思います。逆に2人乗りのアトラクションであるクラッシュ・コースターなどはあまりシングル・ライダーの効果が感じられないようです。シングルライダーは使い方次第ではとても便利なサービスだと思いますので、メリハリ付けて楽しむのはアリだと思います。

私たちの空席には小さな白人の男の子がやってきました

フォトパスについて

ディズニーランド・パリでもフォトパスのサービスは対応しています。「PhotoPass+(フォトパス・プラス)」という、ライドフォトにも対応したサービスとなっています。年パス取得者は割引価格で購入することができます。詳しくはこちらの記事にまとめてありますので、ご参照頂けると幸いです。

公式アプリとWiFi状況について

ディズニーランド・パリにも公式のアプリがリリースされています。オープン時間やショースケジュール、待ち時間等々が表示されるので、他の海外ディズニー同様に便利なアプリとなっておりますが、待ち時間は実際のものとは違う場合があるので要注意です(アトラクション前にある待ち時間表示とは一致しているのですが、フランス人ののんび~りとしたさばき方によってズレが生じてしまうのだと私は分析しています…)。回り方のプランを立てている方は余裕を持った計画にした方がよいかもしれませんね。

WiFiはありますが、電波が弱いという声もあるようですので、念のため日本でポータブルWiFiを契約して持って行った方が安心だと思います。

サービスについて

いざという時の駆け込み寺「シティ・ホール」はメイン・ストリートUSAにあります

救護室やコインロッカー、荷物の受取りをはじめ、ここディズニーランド・パリでもサービスが充実しています。総合情報センターである「シティ・ホール(City Hole)」はディズニーランド・パークのエントランスを入ってすぐ左に見えます。メイン・ストリートUSA内にあるので、いざという時のためにも場所を覚えておくとよいでしょう。

ディズニーランド・パリのアトラクションやショップ、レストラン、サービスなどを中心に、お役立ち情報や独自の体験レポートを画像と共に記事にまとめてみました。記事は随時、執筆しておりますのでご覧頂けると幸いです。